あらゆる親知らずのタイプに対応できる歯科医院

 

にった歯科

埼玉で口腔外科なら当歯科院へ

  • よくある質問
  • サイトマップ
日曜診療・CT完備 tel:0493-23-9000
営業時間
24時間受付中WEB予約

東松山 歯科 > 診療科目 > 歯科口腔外科

口腔外科

抜歯が非常に困難な歯肉に完全に埋まっているような親知らずも含め、
あらゆるタイプの抜歯に対応しております。

親知らずについて

親知らず抜歯前後

親知らずは別名智歯とも呼ばれ、前歯から数えて8番目にはえてくる歯で、18から20歳くらい生えてくることが多いです。
永久歯の中で一番最後に生えてきますが、最近では顎の小さくなった人が増えておりスペースがなく、横や斜めに傾いてでてきたり、骨の中に埋まったまま生えてこられなかったりします。また、歯ブラシも届きにくいため細菌が繁殖しやすく、虫歯になったり周りの歯肉が膿んだりして痛み出すことも多いです。そのため、親知らずは抜く必要がでてくることがよくあります。

にった歯科では、抜歯が非常に困難な歯肉に完全に埋まっているような親知らずも含め、あらゆるタイプの抜歯に対応しております。

親知らずは、でてきたら何が何でも抜かなくてはいけないわけではありません。
親知らずを残しておくことで、将来入れ歯やブリッジの土台として使うことも可能です。また、上下の親知らずがまっすぐ生え、噛み合っている場合は全く抜く必要がありません。
しかし、実際のところ日本人の口の大きさから考えると、綺麗に生えている人が少数ですので、基本的には虫歯ができたり、周囲の歯肉が腫れて痛くなったり、現在問題は無くても周りの歯に悪影響を及ぼしそうな場合は抜いたほうがいいです。

よく『痛くなったら抜けばいいの?』というご質問を受けますが、痛くなったときは親知らずだけでなく、その周りの歯も一緒に抜かなくてはいけない状況になっていることがあり、また抜くのも歯がぼろぼろになってしまうと、非常に困難になります。
そういったことを考えると、他の歯を守る意味で虫歯になる前でも予防的に抜くこともあります。

ご不安がある方や親知らずでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

ページTOPへ

診療時間&アクセス

TEL:0493-23-9000

診療時間

診療カレンダー

日曜の診療時間は
10:00~13:30 15:00~17:00
休診日:祝日

にった歯科

アクセス地図

埼玉県東松山市箭弓町1-11-7
ハイムグランデ東松山203
新田眼科
Copyright (C) 2019 にった歯科 All rights Reserved.