埼玉・群馬のインプラントなら当院へ

 

にった歯科

インプラントは10年間の長期保証があります

  • よくある質問
  • サイトマップ
日曜診療・CT完備 tel:0493-23-9000
営業時間
24時間受付中WEB予約

東松山 歯科 > インプラント > 初めてのインプラント

初めてのインプラント

インプラントとは(implant)、「しっかり差し込む」という意味です。

歯科医療で言うところのインプラントとは、人工歯根を指します。天然歯根の代用とされています。 現在から40数年前の1952年、ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士は研究チームが微少循環( 血液の流れ)に関する基礎研究を行っていたときのある幸運な出来事により、オッセオインテグレー ション(骨結合)を発見しました。

治療の経過を観察するため、動物の体内にチタ ン片を埋め込んでいましたとが、研究が終了しこのチタンを骨から取り外そうとしたのですが、どうしても取り外せなったのです。
ブローネマルク博士はこの現象にとても興味を持ち、さっそく大規模な研究を開始、歯科治療への応用法を探りました。そして研究の結果、チタンが骨組織と特殊な方法で結合する過程が明らかになり、ブローネマルク博士はこれをオッセオインテグレーション(骨結合)と命名したのです。
チタンと骨が結合することを発見は、歯科だけでなく形成外科の分野でも応用され、歯はもちろん、指や足や顔の再建にも応用されていました。

さらに、長い月日の研究により、1965年歯科分野でインプラントの治療を開始、実際に40年前に世界で初めて患者さん埋め込まれたブローネマルクインプラントは、現在でも問題もなく機能しています。
これが、成功率95%以上(10年生存率)のインプラント治療の信頼性を物語っています。

ペル・イングヴァール・ブローネマルク教授

Branemark Systemは科学的研究に基づく欠損歯修復に適応 する独自のシステムです。ブローネマルク教授自らが手掛けた 最初の患者さんのインプラントは40年以上経過した今現在で も申し分なく機能しています。

ページTOPへ

インプラントのメリット・デメリット

歯を失った場合の治療では、インプラント以外にブリッジ・部分入れ歯などの方法があります。インプラント、入れ歯やブリッジでは、それぞれどのような点で優れているのでしょうか?また、どんな点で劣っているのでしょうか?
インプラントのメリット・デメリットを、ブリッジや部分入れ歯と比較しながら紹介していきます。

インプラント

メリット デメリット
  • 取り外しの必要がなく違和感がない
  • 審美的である
  • 残存している天然歯に影響を与えない
  • 咀嚼力は天然歯と同様で食事の制限がない
  • 発音障害が少ない
  • インプラントが顎の骨に直接力を加えるので、顎の骨がやせるのを防ぐ
  • 治療期間がかかること
  • 費用がかかること

入れ歯

メリット デメリット
  • 診療代も保険治療が適応する
  • アゴの骨・口の中がどのような状態であっても作ることができる
  • メンテナンスがしやすい
  • 噛む力は自分の歯の20~30%ぐらい
  • 硬い食べ物を食べると入れ歯が外れてしまう
  • 顎の下に食べカスが溜まる為、毎食後きちんと入れ歯を外して水洗いをしないと健康な歯まで虫歯になりやすい
  • 顎の骨がやせてくる
  • 見た目(審美性)が悪く、違和感も大きい
  • バネによる隣の歯への負担が大きい

【入れ歯とインプラントの比較】

部分入れ歯では、金属のバネをかける健康な歯に負担がかかり、常に違和感がありますし、総入れ歯の場合でも入れ歯がぐらついたりやずれ、又硬いものが噛めないなどのデメリットがあります。
インプラントは、時間の経過とともにあごの骨と結合するため、歯を支える力は健康な歯とほとんど変わらなくなります。
また外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がありません。

ブリッジ

メリット デメリット
  • 固定式なのであまり違和感がない
  • 自分の歯と同じような外観を回復すること
    ができる
  • 噛み合わせを回復することができる
  • はずして掃除する必要がない
  • 土台となるしっかりとした歯が両側にないと作製できない
  • 失った歯の数が多いと処置できない
  • 土台となる歯を切削しなければならない
  • 土台にした歯に負担がかかり、清掃性が悪
    くなることで、歯を喪失する危険性が増す
  • ブリッジの支台の歯に問題があると全てやり直しになる
  • セラミックを使った自然観の回復は保険の適応を受けることができない

【ブリッジとインプラントの比較】

ブリッジは、噛む際に削られた歯に負担がかかり傷みやすく、歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため次第にやせてしまうデメリットを持っています。
その点では、インプラントは健康な歯を利用しないため、自分の歯を保て、歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てるといったメリットを持っています。

ページTOPへ

診療時間&アクセス

TEL:0493-23-9000

診療時間

診療カレンダー

日曜の診療時間は
10:00~13:30 15:00~17:00
休診日:水曜日・祝日

にった歯科

アクセス地図

埼玉県東松山市箭弓町1-11-7
ハイムグランデ東松山203
新田眼科
Copyright (C) 2019 にった歯科 All rights Reserved.